現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索

キーワードを入力

商品カテゴリから選ぶ

絞り込み条件

価格帯  円  ~   円

商品ステータス                      

その他条件    


全商品

56件ございます。

麹つくり NO.4

しばらくしてまたゴリゴリほぐしたあと、今度は箱に10キロずつ盛ってキレで包みます。 ここから麹菌がグイグイ菌糸を伸ばしていきます。

麹つくり No.3

しばらくすると蒸米に菌がまわり蒸米がパリッとしてきます。 そこで蒸米一粒一粒バラバラになるようにみんなでボリボリこすります。 そしてまたキレに包んで置いておきます。

麹つくり No.2

麹菌をふりかけた蒸米はキレで包まれて寝かせられます。 麹菌はカビの一種です。このあいだに菌の根がグイッと蒸米に根をはっていきます。

麹つくり No.1

麹を見たりさわったり食べたりした人は少ないと思いますが、麹は食べると甘い味がします。 吟醸で使う麹は特別で甘いのはもちろんで、さらに栗の香りと味がします。 また麹をつくる部屋は30度以上に保たれ、この部屋を「室」とよびます。 今は吟醸仕込みの最盛期。室ではこの栗の香りの麹が毎日つくられます。 写真は蒸した白米を3時間室でさまし、麹菌をまんべんなくふっているところです。

1本目の醪

2015/11/9 1本目の醪が完成しました。 これからポコポコ、シュワシュワ発酵させていきます。 20日くらいで搾り清酒と酒粕になります。

純米吟醸の仕込

2015/11/17 とうとう純米吟醸の仕込がはじまりました。 でも、まだまだあったかーい! 早く寒くなってくれたらいいのに。

もやし

「もやし」とは野菜もありますが種麹のことを「もやし」といいます。 もやしは0.1グラム単位で量を量って使用します。 蒸しあがった蒸米に振りかけて二泊三日育てると麹の完成です。

片野桜の甑

2015/11/6 片野桜の甑です。 洗って水を吸わせた白米をこの甑で蒸しあげます。 蒸し時間1時間、ここから仕込みはスタートです。

浸積

2015/11/12 白米に水を吸わせることを浸積といいます。 麹米は多い目に、掛米は少ない目に吸わせます。 基本は麹米32%掛米28%といわれていますが、お米の種類や仕上がりのお酒によって微妙に前後させていきます。

洗米

精米された白米はまず洗われます。 この米洗いが白米に対して行う最初の作業です。 米に対して優しく、また糠ぎれがいいようにバブルの水流で洗う機械を使用しています。

蔵清め 

2015/11/2 今年の仕込みを前に、蔵の隅々に至るまで杜氏と蔵人で丁寧に清掃し、新酒の仕込み準備を進めています。 蔵を清め、杜氏自ら放冷機の掃除をし気持ちも新たに酒造りに向き合う日々。 「すべては品質のために」  一切の妥協を廃し、杜氏の技と蔵人の心によって醸される片野桜。 今年のしぼりたての新酒は12月より順次販売してまいります。