ホームページへようこそ

大阪・京都・奈良の境に位置する交野の郷で江戸時代末期より代々受け継いでまいりました年間製造が約500石というの小規模の酒蔵です。
全製造数量の約8割が特定名称酒でその内の4割を「原酒」で蔵出しするほど「原酒」にこだわりをもって日々酒作りに励んでいます。
生駒山系の豊富な伏流水と地元関西を中心とする上質の酒米、そしてなにより南部杜氏、浅沼政司をはじめとする蔵人、社員の抜群のチームワークで、平成14年 15年 18年 19年 27年と全国新酒鑑評会で入賞し17年 20年 22年 23年 25年 26年は栄えある「金賞」を受賞致しました。
製造はもとより、貯蔵、瓶詰め、商品の管理、出荷に至るまで、最良の状態でお客様にお届けすることをモットーにしています。

新着情報RSS

2016年05月26日
全国新酒鑑評会「金賞」
平成27酒造年度 全国新酒鑑評会において【大吟醸 雫】が栄えある「金賞」を受賞しました。